【森田家具取扱ブランド紹介】無垢材を蒸気で曲げる技術を取り入れ躍動的なデザインで、曲線・曲面の美しい加工shirakawa







昭和35年8月株式会社白川製材所として製材業を開始。

昭和46年1月に家具製造業に業種変換。業種変換。昭和50年代に入ると「量より質」が求められ、さらなる品質の向上と機能・デザイン性が求められる様になり、飛騨木工連合会が念願の法人認可を受け、飛騨の家具の品質を全国に向けてアピールする飛騨家具新作展を東京で開催。飛騨の家具メーカーはこれにより全国へと展開していき、「飛騨の家具」「脚物家具の一大産地」を印象づけることになる。


無垢材を蒸気で曲げる技術を取り入れ躍動的なデザインで、曲線・曲面の美しい加工が特徴です。









閲覧数:44回0件のコメント